トップページ | 2010年3月 »

2009年10月

アジアアロワナ

アロワナ、それは単なる観賞魚というにはあまりに荘厳で美しく、他の観賞用の熱帯魚とは一線を画す存在といっても過言ではありません。 アロワナにはその生産地によって大まかな分類がなされています。

南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『ス ポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。 世界に五種類存在するアロワナですが、その細長い銀色の刀のような形こそよく似ているものの、魚の性質や色などがずいぶん異なりますし、サイズも水槽で飼 う場合、大きくなるスピードがかなり違うようです。 このように世界中に存在して、地域によって個性の豊かなアロワナですが、残念ながら一番美しいアジアアロワナの野生の個体は現在、日本はおろか世界中で手 に入れることはできません。 買うことができなくなった理由は、乱獲による個体数の激減によるものです。

食用としてではなくて、観賞用として高価で売れるために、乱獲で一気に数が減っ たのです。 このため、今では野生のアジアアロワナは絶滅危惧種として一切の捕獲そのものが禁止されています。密漁と密輸も相変わらず横行しているようですが、発見さ れればかなり厳しい罰金を払ったり、国によっては禁固刑になったりします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年3月 »